有限会社エクセレントショップ横浜

屋根工事

Flow of construction屋根工事・屋根リフォームの工事の流れ

工事の流れをご紹介します。ここに掲載以外の屋根材や屋根工事も取り扱っています。
どうぞ屋根リフォーム工事は地域密着で、アフターサービスが自慢のエクセレントショップ横浜にお任せください。

日本瓦・セメント瓦▸ ▸SHINTO かわらSの場合古い瓦を下ろし、下地を作り直して吹き重ねます。

  1. ① 施工前の屋根
    施工前の屋根

    日本瓦屋根の場合は、下地から調整しなおします。下地の状態により、施工内容も変わってきます。

  2. ② 古い瓦を下ろします

    古い日本瓦や下地の土、しっくいなども、すべて取り除き、下地の状態を確認します

  3. ③ コンパネを貼ります

    屋根全体にコンパネ(厚手の合板)を貼ります。

  4. ④ アスファルトルーフィングを敷きます

    コンパネの上に防水用のアスファルトルーフィングを敷きます。

  5. ⑤ SHINTO かわらSを1枚づつ固定してきます

    釘で固定します。施工はスムーズです。

  6. ⑥ 風格ある仕上がり

    SHINTOかわらSは1枚1枚下地に固定します。
    役物部材も豊富ですから、風格ある仕上がりです。

開いたスレート屋根▸ ▸SHINTOかわらSの場合古い屋根をはがさず、そのまま葺重ねるカバー工法で安心リフォーム。

  1. ① 施工前の平板ストレート屋根

    古い平板スレート瓦をはがさずに、上からSHINTOかわらSを葺き重ねます。 快速・安心工程の秘けつです。

  2. ② アスファルトルーフィングを敷きます

    下地の状態にかかわらず、防水対策を万全にするために、アスファルトルーフィングを古い平板スレート瓦の上に敷きます。

  3. ③ 直打ち工法

    下地の強さが充分ある場合は、下地調整は不要です。

  4. ③ 横桟工法

    下地の強さが不充分な場合は、桟木を固定します。

  5. ④ SHINTOかわらSを1枚づつ固定していきます

    釘で固定します。施工はスムーズです。

    カバー工法のポイント

    古い屋根材をはがさず、アスファルトルーフィングを敷きつめ、屋根全体をしっかりカバー。

  6. ⑤ 風格ある仕上がり

    古い瓦を撤去せずに施工するので、廃棄物を低減。
    環境に負荷をかけない、環境に優しい工法です。

  1. お問合せ
  2. お問い合わせはこちらから